ビーグル

ビーグル

特徴・性格

ビーグルは体高が33~36cm程度、体重が7~12kgくらいまでの小型犬の人気犬種です。
見た目の特徴はなんといっても垂れ下がった長い耳で、大人から子供までが大好きなキャラクター「スヌーピー」のモデルになった犬でもあります。

しかしかわいらしい顔つきとは裏腹に、体格は筋肉質でかなりがっちりしており、運動をさせるとかなり活発で力強い動きをしてくれます。
それもそのはずビーグルはもともとはイングランドで猟犬として長く飼われてきた犬であり、猟銃を片手に森を歩く猟師のあとを追って狩りを手伝う仕事を長年担当してきたという歴史があります。
猟犬であったこともあり、人間に対しては忠実な性格をしており、他の犬と集団で何か作業をするということにも適しています。
ただし好戦的な側面もあり、番犬として優秀であると同時にムダ吠えが多いことでも知られています。
鳴き声は小型犬にしては野太く、独特の低くて長いうなり声をしていることが大きな特徴となっています。
最近はブリーダーたちの手によって、ペットとして飼う場合のビーグルの欠点であるムダ吠えのない犬種が出てきているようですが、やはり他の犬に比べてその点はちょっと気をつけておいた方がよいかもしれません。

平均寿命

12~15歳くらい

飼い方

筋肉質で活動的な犬であるので、毎日の運動は欠かせません。
子犬のときから長めの散歩をすることを習慣付け、また思い切り走ったり飛び跳ねたりできるような運動をさせてあげると大変に喜びます。
ビーグルは足の筋肉が発達しており、ジャンプ力もかなり高いので、走るだけでなくこの飛び跳ねるという運動をさせてあげるようにしましょう。

飼いやすさ

ビーグルは従順で飼い主のいうことに従いやすいという性格である反面で、好奇心が強く他の犬との交流が好きという外交的な特徴もあります。
そのため、ちょっと目を放した隙にどこかにパッと走り去っていってしまうようなこともあるようです。

また人懐こい性格でもあるので飼い主以外の人にも比較的早くになついてしまい、そこにつけこまれて盗まれてしまうという事件にも遭いやすくなっています。
子犬で十分にしつけがされていない時期には、きちんと首輪をつけておくとともに、行方不明にならないようにきちんとネームプレートをつけておくようにしましょう。
また社交的であることから、孤独に対して強い不安感を感じる傾向もあります。
自分だけになってしまうと慌てて大きな声で鳴き出したりということもあるので気を付けましょう。