ラブラドールレトリーバー

ラブラドールレトリバー

特徴・性格

大型犬の中でも、ラブラドールレトリーバーはかなりおとなしくて扱いやすい犬として有名です。
はじめて大型犬を飼いたいと思う人にとっては最もおすすめできる犬と言えます。
体格的には成犬になったときで55~62cmくらいとかなり大きく、また足の長さが体長に比べてやや短めになっていることが特徴です。

そのため重心が低く縦にスラっと長い、非常に美しい体格になります。
触れた感じもほどよい筋肉質で、大型犬らしいたくましさを存分に堪能できる飼い犬にはぴったりの品種となっています。

「リトリーバー」とは狩猟をしたときに落ちた獲物を回収(=検索:Retrieve)してくる犬としての名称です。
そのため、大型犬でありながら機敏な動きや敏感な反応を見せてくれます。

さらにもともとカナダにルーツのある犬であるので寒さには比較的強く、冷たい水の中でも平気で泳ぐことができます。

平均寿命

10~12才くらい

飼い方

一般的な品種の性格的には非常におとなしく、また飼い主にたいしてきちんと忠誠を誓ってくれるよい犬です。
一緒にドッグランや公園などでボール投げやフリスビーをして遊ぶと、もともとの狩猟犬の本能を発揮してとても楽しく遊ぶことができます。

大きな家のあるアメリカやカナダなどでは自宅のプールで一緒に泳いで遊ぶということもあるようです。
毛並みは体表はおちついた量ですが、お腹まわりの下毛はかなりたくさんの分量になっています。

ただし、泳ぐことに適しているように非常に撥水性の高い毛質をしているので、それほど汚れをきにしなくても時々汚れが目立った時に拭いたりブラッシングをしてあげるだけでも十分に清潔を保つことができます。

ラブラドールレトリーバーは人懐こく、優しい性格をしているので小さな子どもや他のペットがいる家でも比較的おとなしく暮らすことができます。
広い家の中で複数のペットを飼っている場合にもちょうどよいでしょう。
ネコと一緒に飼うときにもおすすめです。

飼いやすさ

おとなしくて利口な性格の犬なので、基本的にはしつけ面での飼いにくさを感じることはあまりありません。
しかしやはり大型犬である以上、毎日かなりの運動量をさせてあげないといけません。
広い庭のある住宅で飼うのが理想的な飼い方です。

また、寒さに強いといっても真冬に外に出していると地域によっては体を壊してしまうこともあるので、できるだけ室内で過ごさせるようにした方がよいでしょう。