バセットハウンド

バセットハウンドの特徴について

昔から狩猟犬として活用されてきたバセットハウンドですが、見た目の大きな特徴として大きな頭部と短い足が挙げられます。
大きな頭部には長い耳が付いており、鋭い嗅覚を持っている点も特徴として挙げられます。
愛くるしさが前面に表れているほど、キュートな印象が強いのですが、本来は狩猟犬でもあり、野性的な面も持っています。

バセットハウンドの大きな頭部と短い足は特徴でもありますが、地面に鼻を近づけやすいように発達したため、このような形になっていると言われています。
長く垂れた耳は聴覚からの情報を遮断し、嗅覚に神経を集中させるために改良されたとも言われています。
バセットハウンドのこれらの見た目の特徴は狩りに適するために変化したものなのです。

バセットハウンドの気になる性格

本来狩猟犬でもあったバセットハウンドですが、ペットとして飼っている方も最近では増えてきています。そ
のためバセットハウンドを飼いたいと思っている方は特にこの犬の性格について理解することが重要になります。また犬が大好きな方にとっても知りたい部分ではないでしょうか。

バセットハウンドは狩猟に活用されていたこともあり、飼い主に対してとても友好的で、優しい性格をしています。
のんびりとした性格をしており、小さな子供から高齢者の方まで、どんな方でも付き合いやすく、安心して飼うことができます。
特に飼い主を含め、飼われているファミリーに対しては愛情を持ってくれるため、同じように愛情を持って暖かく接してあげれば献身的な態度を持ってくれます。

バセットハウンドのしつけ

本来狩猟犬だったバセットハウンドですが、忠誠心が強いため、しつけは比較的簡単だと言われています。
ただ一部頑固な側面も持っており、そのためしつけをする際には時間がかかる場合も見られます。
しかし根気よくしつけていけば、理解するようになっていきます。

バセットハウンドは臭いに対して特に敏感で執着心が強いため、散歩の際に臭いの探索をしないようにしっかりとしつけていくことが大切です。
また散歩などが好きなため、運動不足にならないように、毎日しっかりと歩かせることも重要です。