パグ

パグ

ただ、愛くるしい表情だけではなく、様々な動作の一つ一つがとても可愛らしいパグはペットの中でも人気があります。
被毛そのものはブラックそしてフォーンが代表的ですが、比較的ブラックカラーの個体はスリムな傾向にあります。
対照的にフォーンの固体はコロコロと太っていて可愛らしいイメージを持つ人がほとんどではないでしょうか。

少々頑固な一面を持っていますので躾そのものが初心者には難しい部分もありますが、根気強く続ければ、しっかり覚えてくれます。
物覚えそのものは悪くありませんので飼い主の懸命さをしっかり理解してくれる犬種となっています。
またちょっとしたことにもすぐに反応を示すため番犬としての能力も高く、室内犬として飼育していても立派な番犬になってくれます。

とても人なつこく友好的な犬種

パグはとても好奇心が多く、この犬種好きの飼い主さんの間ではパグ走りやパグ座りといわれているような仕草を見せてくれることがあります。
一生懸命に走ってくる姿は非常に愛らしく、これがパグ走りと言われていますが、人懐っこい性格なのでどんな人にでも近寄っていき愛らしい表情を見せてくれます。

肥満気味の個体はお散歩などを嫌がる傾向にありますが、運動そのものは大好きなのでたくさん遊んであげると喜びます。
また他のペットに対しても興味を示し非常に仲良くすることができます。
知らない人に対しては警戒心を出す事もありますが、よほど刺激を与えなければ有効的に近づいていくことがほとんどです。

パグの起源は古代だといわれていますが、原産地は中国で当時は皇族と呼ばれる方々が可愛がっていたペットとして知られています。
対抗は25センチから30cm前後、体重は6キロから10キロ前後となっています。

ネーミングはたくさんある

日本ではパグとして知られていますが、海外ではこれまで様々なネーミングがつけられていたことも知られています。
1885年には北京市に登録され、ペットとしてかわいがられる以外にもショードッグとして多くの人々からの人気を集めています。
活発に遊ぶことを好みますが暑さや寒さには比較的弱く、特に暑さが体力を消耗してしまいますので涼しい環境の中で飼育することが好ましいと言えます。

日常生活の中でもブーブーと鼻を鳴らすような仕草や、寝ている時にも大きないびきをかいたりすることがあります。
また、パグは非常に堪短毛な犬種ですから、ブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげることや皮膚のチェックなどを行う必要があります。
顔にはたくさんのシワがありますが、皮膚疾患等を防ぐため、毎日こまめにふいてきれいにしてあげましょう。

眼に関しても様々な疾患が出やすい犬種であるため角膜に傷がついてしまうことや角膜穿孔を起こしやすい部分でも気をつける必要があります。
食欲が旺盛で暇になる傾向にありますので、食事の管理もしっかりとしてあげなくてはなりませんが、平均的な寿命は13歳から18歳程度と言われています。