ダルメシアン

ダルメシアンは101匹わんちゃんでひときわ有名になり、子犬をはじめとして飼育するご家庭もたくさんあります。
非常に活発的で元気な姿を見せてくれる犬種ですので、ご家族と一緒に走りまわったり運動するのが大好きです。
またこの半面で賢い一面もしっかりと待ち合わせているため、警戒心を持ちながら家族を守ろうとしてくれるような姿もあります。

持久力が非常に高く海外では馬車に伴走する犬として活躍していたことが知られています。
ドッグショーなどにもたびたび登場することが多いダルメシアンは、可能な限り水玉模様の斑点がはっきりとしているものが美しいとされています。
人懐っこい性格を持っており、他のペットに関しても警戒心を持たず仲良くなることができます。
小さな頃にしっかりとしたしつけを行っておけば大きくなってからあまり手がかかることもなく楽しい毎日となるでしょう。

ダルメシアンの体の特徴など

体高は50cmから65cm前後となっていて体重は17キロから30キロ前後と言われています。
原産地はユーゴスラビアといわれており、ここで活躍していた犬種として知られています。
前述の通り馬車の伴走犬として活躍していましたが、近年では伴侶犬として人気を集めるようになりました。

他の犬種にはあまり見られない水玉模様を持っていますが、この模様の由来などについては現在でもあまり明確になっておらず、一説によると、ダルマティアという地域でこの犬種が生まれたことが理由になっているのではないかといわれています。
伴走犬としてだけではなく、回収犬や南京軍用犬などという場面で活躍することも知られており、サーカスなどにも頻繁に登場します。

特に馬車に伴走する姿が見た目が非常に美しく優雅であるとされ、多くの人々に愛された犬種となっています。

長時間遊ぶことが大好きな犬種です

上記のとおりとても持久力があり、長時間走ったり遊んだりすることがとても大好きです。
そのためご家庭でペットとして飼育する際には必ず毎日のようにたくさんの運動をさせてあげることが大切です。
とてもパワフルな犬種ですから、小さなお子様と遊ばせてあげる時には予め知識が必要となりますが、躾さえしっかりて行っていれば噛みぐせなどもなく楽しい毎日を一緒に過ごせる犬種です。

ただし、人見知りをしてしまうような傾向もありますので神経質な部分を持ち合わせていることも飼い主は忘れないようにしましょう。
できれば屋外で飼育をしながら好きな時にお部屋の中に入って休めるような環境が良いと言われています。
被毛は特に沢山抜けてしまったりする心配もありませんので、適度にブラッシングをして美しさをキープしましょう。

聴覚障害を持ってしまうことが多いので様子がおかしいと思った時にはしっかりとした検査を行うことや、尿路結石やアレルギー、その他にもてんかんなどの懸念が多い犬種です。
尿酸を分解するのが苦手な犬種となっていますので特に尿結石には注意が必要です。
平均的な寿命は15年前後と言われています。