ダックスフンド

ダックスフンドの外見

ダックスフンドは日本でも比較的知名度の高い犬として知られています。
胴が長くて足が短い犬なので、お腹が地面につきそうな低さだといえます。
脚はダックスフンドの高低を支えるための足つきです。

これは同時にひざの関節や腰に負担をかけやすいとも言えます。
そのため、関節を痛めやすい犬種でもあるのです。
少しでもおかしな歩き方をしている場合は注意して様子を観察する必要があります。

またこのダックスフンドの体型は狩猟に向いたものと言えます。
ダックスはアナグマを狩るという意味で、狩りの犬としても有名なのです。
穴を掘りやすい身体の低さとも合わせてその身体の系譜ができているのです。

ダックスフンドの性格は毛によって違う

ダックスフンドは性格を見ることが重要だと言えます。
性格は毛色に左右されることが多いので、色によってそれを見分けることができます。
黒、赤、白や茶などの色彩を持つものもいます。
よく見かけるのは黒や茶系統の毛色だと言えるでしょう。

毛が長いロングが主流となるのがダックスフンドの特徴です。
毛並みの状態によってその種類が分類されています。
そのためロング、スムース、ワイアーなどの3種類あるのです。

無駄にほえることが多いのでダックスフンドのしつけは早めにしましょう。
遊ぶのが好きなので一緒に遊んであげる時間を作るとよいでしょう。

遺伝子を持っている狩猟犬の飼い方

ダックスフンドはその血統の中で独自の遺伝子を持っていることが分かっています。
遺伝子というのは世代をまたいでその特徴を次の世代に伝えるものですよね。
そして、ダックスフンドは狩猟犬としての遺伝子をついでいることになるのです。

ダックスフンドはその犬種として特徴に合わせた買い方が必要になります。
とくに遺伝的な影響で、散歩は十分な時間をかけることを基本として行います。
散歩が不十分だと、別の場所に噛みついて跡を残したりするなど、ストレスを発散することもあります。

割と好奇心旺盛なので色々なものに興味を持ったりもします。
活発に動き回るので、家の中で飼う場合には十分に広いスペースを確保してあげましょう。
大人しくさせたい場面では、待てが出来るようにしておくことも必須です。

そして、ダックスフンドのかかりやすい病気についても肥満に注意しなくてはなりません。
椎間板ヘルニアはその体型からもなりやすいと言われています。
なりやすい病気はあらかじめ知っておくことが必要でしょう。 

また、寒さに弱い犬種でもあるので暖かい環境下で飼うようにしましょう。
飼う場合にも冬場は家の中で外で気を使うことが必要です。
とはいえ、熱すぎる場所もあまり好ましくはありませんので、夏場の散歩は時間帯を変えるなどの工夫もしていきましょう。