愛犬へのイライラを止める方法

他の犬と比べない

犬と一緒に生活するという事は、人間だけで生活するのとはワケが違います。
そのため、色々な部分でイライラしてしまう事があると思います。
イライラする要因のひとつに、他の犬と比べてしまうといった理由があります。

犬は年齢によっても性格によっても違います。
何もしないで大人しくしている犬もいれば、急に吠えだしてしまう犬もいます。
特に他の犬が同じ犬種ですと、何で他の犬が出来ていることがウチの犬はできないのだろうと悲しくなってしまうと思います。

他の犬と比べてしまうと、最低ラインが他の犬になってしまいます。
犬にとって得意分野と不得意分野があります。
他の犬と比べて出来ない部分を探すよりも、先ずは自分の犬と真剣に向き合うことからはじめましょう。

良く褒める

犬と一緒に生活をしている時には、意図的に褒めてあげるようにしましょう。
おトイレがしっかりと指定の位置で出来た時や、インターフォンが鳴った時に吠えなかった時、ご飯を残さずにしっかりと食べる事が出来た時など、犬が少しでも頑張っている所を見つけたらしっかりと褒めてあげてください。

人間は口に出したことに心がひっぱられるといった傾向があります。
犬を褒めてあげていると、本当に犬が誇らしく思えたりします。
いつもは出来て当然だと思っていた事も、凄い事なんだと認識できるようになります。

犬は言葉はわかりませんが、人間がプラスの感情なのかマイナスな感情なのかはしっかりと感じる事ができます。
犬を褒めていると、犬も気分が良くなってストレスが少なくなりますので、より良い子になってくれます。
これは一朝一日では成しえない事ですので、まずは毎日の習慣になるように褒める練習から初めてください。

なぜイライラしているのかを考える

犬に対してイライラする事もあると思います。
人間ですから当然気持ちの起伏がありますので、四六時中ニコニコはしていられません。
しかし、犬に対してイライラしてしまう際には、なぜこんなにもイライラしているのかをしっかりと考えるという事が重要になります。

仕事でイライラしている所に、犬がイタズラしていたり、これから寝ようとしている時に、おしっこを失敗して手間が増えてしまったり、自分が体調不良であったりなど、根本的な理由をしっかりと考えるようにしましょう。
例えば、自分に何もないフラットな心情や体調の場合に、同じ事を犬がしてしまってもイライラするのでしょうか。
自分が犬のイタズラや失敗を許してあげるほど、心や身体に余裕が無いだけかも知れません。

イライラしてしまうのは、犬の行動がきっかけかも知れませんが、根底は犬には関係のない部分の可能性もあります。
それを理解するだけでも、犬に対するイライラを軽減する事ができるです。