犬もかかるアレルギーについて

犬にもアレルギーがある

人間も小さなころからアレルギーが出ることが増えていますが、これは犬にも当てはまることです。
最近では犬の中にもアレルギーを発症している子が増えています。

アレルギーは体調不良やストレスの原因にもなりますし、程度によっては命の危険もあるものです。
アレルギーの症状や対策については正しい知識を持っておくようにしましょう。

アレルギーの仕組み

アレルギーが起こる仕組みは基本的には人間と同じです。
アレルゲンといわれるアレルギーの原因となる物質が体の中に入ると体の中から排除をするために免疫物質ができます。
この仕組みがうまくできないようになると免疫反応が過剰反応を起こすようになるのです。

犬の場合にはアレルギーが出るものは食べ物とアトピー性皮膚炎が多くみられます。
アレルギーが出る食べ物も肉類全般と卵、大豆、小麦といったものがあり、これらはドッグフードにも使われているものです。
そのため普段のドッグフードを食べていて体調不良が見られたらアレルギーが出ているかもしれないと疑う必要があります。

アトピー性皮膚炎の場合には花粉やダニが原因です。
人間と同じくかゆみを伴う皮膚炎が症状としてあり、犬によっては皮膚に出るだけでなく呼吸器障害を起こすこともあります。

アナフィラキシーショックといわれる強いアレルギー症状も人間と同様に犬にもあります。
全身症状を伴うものであり、かなり強いショック状態になるので命の危険も伴うものです。

食べ物や環境でのアレルギーではあまり見られないですが、ワクチン接種や薬物投与の後にみられることもあります。
そのためワクチン接種をした時や薬を飲んだ時には経過をよく見て気になる症状があればすぐに治療を受けましょう。

アレルギー対策のためにできること

犬が食事の後や外に出た後に体をかゆがったりくしゃみが止まらなかったりするとアレルギーである可能性があります。
ただ、アレルギーはいろいろなものが原因物質としてあるので特定が大変です。
検査でわかることもあるのでアレルギーの疑いがあれば検査を受けるようにしましょう。

食物アレルギーの場合にはアレルゲンとなる食材を食べないようにすることでアレルギーが出なくなります。
特定できていない場合には食後の様子を見てアレルギーが出ない食事がどれかを確認してアレルゲンを特定していくようにしましょう。

最近では手作りの食事を用意する家庭も多いです。
手作りにすれば添加物が入らないことで安心安全ですしバランスの整った食事が食べられます。

ただ毎日手作りの食事を作り続けるのは大変ですし栄養計算も大変です。
正しい知識が無いと愛犬の体に負担がかかることもあるので、その点を理解したうえで行うようにしましょう。