しっかりしつけをしよう

しつけ

しつけの目的を飼い主が理解する

犬を飼う際には、飼い主の家庭とペットである犬の両方が快適に暮らせるようにしつけをしていかなければなりません。
しかししつけをしなければならないことは理解しながらも、漠然としつけている方も多いものです。
しつけをする前には、しつけの目的を飼い主がしっかりと理解する必要があります。
正しい心構えを持ってしつけを行うことで、正しい行動を犬が行うようになってくれます。

犬をしつける際の目的として、まずは飼い主やその家族と仲良くなり、快適に生活を送っていくことができるというものです。
家族と犬が共同生活をしていく上で、我慢をしなければならないこともあります。

そのためにルールを決め、そのルールに沿って生活をすることが求められます。
犬に対してそのルールをしつけによって教える必要があります。
そうすればお互いの信頼関係ももっと高まっていくことでしょう。

2つ目の目的は、犬や飼い主、また飼い主の家族をトラブルから守るためです。
散歩の途中に誤って食べてはいけないものを食べてしまうことがあります。
それによって病気になったりする恐れも出てきます。

また飼い主やその家族以外の人間、また動物たちに対して吠えたりさせないことが必要です。
そのためには根気強くしつけをしていく必要があります。
社会性を身につけさせるために、しつけは重要です。

正しいしつけを行う方法

しつけを犬に対して行う際には、正しい方法で実行していく必要があります。
そのために飼い主は正しいしつけの情報を知らなければなりません。
最も基本的な情報収集の方法は書籍です。書籍を利用してしつけの方法を学ぶことができます。
また、インターネット上でしつけに関する、信頼できる情報があれば、そこから具体的な方法を学ぶのもいいでしょう。

ただなかなか正しくしつけができないという飼い主の方も結構いるものです。
そんな場合にはプロの方にお願いをして、しつけのやり方を実際に行ってもらう方法を採用してもいいでしょう。