散歩コースの決め方

散歩コース

まずは短時間で回れるコースを決める

犬を飼う際に飼い主として必要なことは散歩に毎日犬を連れていくということです。
散歩は運動不足になりがちな犬にしっかりと運動をさせ、ストレスも同時に解消するために行う重要な活動です。
そんな重要な散歩ですが、飼い始めた時に悩みがちになるのがコースです。

散歩を行う際に決めるコースですが、まず最初の頃は短時間で回れるコースを決めるといいでしょう。
安全性を確保でき、途中でいろんな植物などに触れることができるようなコースを考え、実際に散歩させてみるといいでしょう。
また短時間で回る場合には、毎回同じコースでは飽きてしまいますし、単調になってストレスを犬が感じるようになります。
そのため、定期的に変更していくことが大切です。

散歩コースは定期的に変更する

短時間で回れるコースを散歩し、飼い主と一緒に散歩をすることに対して犬が慣れてきたら、その次に長時間で回れる散歩のコースを決めていきます。
長時間で回れるコースでは、途中にいろんなイベントがあり、犬が冷静に対処するようなコースを選ぶといいでしょう。
散歩をしながら吠えたりせず、落ち着いて散歩をするといった社会性を学べるようなコースを考えてみることで、しっかりとしたしつけを行っていくことができます。

散歩のコースですが、長時間で回る散歩コースであっても毎回同じ場所では飽きてしまいますし、いろんな勉強をする機会も狭くなってしまいます。
そのため、いろんな散歩コースを見つけていくといいでしょう。
ただ途中に危険なものがあるといった場所は避けるようにしながら、安全に散歩ができるようにコースを決めていくようにしなければなりません。

また散歩を行う際にはリードをつけ、迷子札もつけるようにしておきましょう。また散歩途中でウンチをするため、ウンチを処理するためのバッグなども用意することが必要です。
突然のハプニングが起こっても冷静に対処できるように、コースを決めながら必要なアイテムもきちんと揃えておくようにしてください。