オスとメスの違いとは

オスとメスの基本的な違い

ペットを購入する際に悩む点がオスとメスのどちらを選択したらいいのかということです。
オスとメスでは、比較するといろんな点で違いが見られ、そのためその違いを理解した上で選択することが大切になります。

オスはメスより体格が大きく、比較的攻撃的な面が見られるため、オスの方がしつけは面倒なことがあります。
オスの方が活発な反面、甘えん坊の傾向があります。
オスとメスの違いで特に覚えておきたい点として、マーキング行為が1歳程度から始まります。
そのため、室内で飼う場合には衛生面での注意が必要です。

オスとメスでは性格の点で大きく異なってきますが、思いっきり一緒に遊びたいという方はオスの方が比較的向いているといえます。
個体差があり、それぞれで性格が違うものではありますが、オスとメスでは違いが見られるため、その違いを購入時の選択ポイントにするといいでしょう。

犬の去勢について

犬を飼う場合、避妊については飼い主はしっかりと考えなければなりません。
多くのペットを同時に飼えない場合は必ず避妊をさせなければなりません。
またそれによって病気のリスクを軽減することができるというメリットもあります。

オスの場合、去勢をすることによって、縄張りを作るための頻繁なマーキング行為、またマウンティングの行為が減少します。
これによってより犬を飼いやすくなりますし、お互いの信頼関係もより高まるものです。
メスに関しては避妊手術を行いますが、これによって発情期を抑えることができますし、また乳腺腫瘍などの病気になりにくくなります。
単に避妊ができるだけではなく、犬の健康のためにもメリットがあります。

オスの去勢手術はメスの避妊手術よりも時間がかからず、通常日帰りも可能ですし、入院が必要になっても1日程度で退院ができます。
また費用についてですが、手術費用はオスの去勢手術の方が、メスの避妊手術よりもの低めになっています。