自然災害が起きた場合の愛犬を守る対策方法

自然災害から愛犬を守る

日本は地震大国ですし、今は大きな災害は自信だけではありません。
いつ何が起こるかわからないですし、その際には自分だけでなく犬の安全も守ることが必要です。

災害が起きた時に適切に行動をするためには日頃から災害への知識を身につけておくことが大切になってきます。
どのような行動をとればよいのか頭に入れておきましょう。

災害が発生する前にできること

災害が発生したときのために日頃からきちんとしつけをしておくことが大切です。
たとえば犬が寝る場所をクレートにしておけば急に地震が来ても愛犬の体をクレートが守ってくれます。

クレートで寝れることは身を守るだけではありません。
災害の際、避難場所に行ったときにも犬はクレートで過ごす必要があります。
その際、日頃からクレートにいることになれていれば犬もストレスにならないですし、普段とは違う環境でもストレスが溜まりにくいです。

移動のためにもクレートに慣らすだけでなく、移動の時にキャリーバッグに入っても平気な練習をしておくともしもの際すぐに移動することができます。
自分のニオイがついていれば犬も安心して入れるのでニオイをつけるためにも定期的に入れる練習をしておきましょう。

次に非難をする時のために避難道具も準備しておくことも大切です。
避難所に言った際人間の食料や衣類はすぐに配布されても犬のものはなかなか配布されないことも多いです。
そこで愛犬のために必要な道具は自分で用意しておく方が対応できます。

特に持病がある犬は薬や療法食、アレルギーのある犬はその子の食べらえるドッグフードはある程度確保をしておくことが必要です。
薬が処方されている犬は何かあったときのために日頃から常備用に少し多めにもらっておくよう医師に相談をしておきましょう。

愛犬が災害の際、迷子になったら自分のところまで戻ってくるためには愛犬に自分の情報をつけておく必要があります。
そのためにもマイクロチップや迷子札といったものは必ず身につけておきましょう。
犬の鑑札も義務化されているので必ず首輪につけておくようにします。

避難場所も最近では犬が同伴できるところが増えていますがアレルギーの問題もあるのですべての施設が動物の同伴が可能なわけではありません。
避難所によってはペットは外にしか避難できないこともありますし、避難所自体がペットの持ち込みを禁止していることもあります。

ペットの避難については自治体によってルールが様々です。
そこで、近くの避難場所情報を確認しておき愛犬と避難できる避難場所がどこにあるのか、そして愛犬と非難する際に少しでも安全に避難することのできるルートを確認しておきましょう。