犬風邪と飛ばれる「ケンネルコフ症候群」について

犬も咳をする

人間のように犬が咳をすることがあります。
一時的なものではなく犬によってはしばらく咳が続くこともあり、これは病気のサインです。

犬の咳の原因として考えられるものの一つがケンネルコフ症候群です。
子犬や老犬がかかりやすいと言われています。

ケンネルコフ症候群とは

ケンネルコフ症候群は犬伝染性気管気管支炎とも呼ばれる病気です。
ただ、名前が長く症状がわかりにくいので、犬風邪といわれることもあります。
獣医も症状の説明として犬風邪ということも多いです。

人間の風邪と同じようにウイルスや細菌の感染で発生するものであり、症状も似ています。
子犬や老犬など体力や免疫力のない犬がかかりやすいです。

ケンネルコフという名前はケンネルという犬舎を意味する単語とコフという咳という単語が合わさってできています。
この名前がついているのは犬舎のように多くの犬を飼育している環境で発生しやすい病気であるためです。

そのためブリーダーやペットショップなど多くの犬が集まるところでは集団感染しやすいと言われています。
一匹がケンネルコフ症候群にかかってしまうと鼻水や咳をすることで空気中にウイルスが飛び散りますし接触をしてしまうことで観戦してしまうのです。

ケンネルコフ症候群の症状

ケンネルコフ症候群の症状として乾いた咳が特徴です。
それ以外にも発熱をしたりくしゃみや食欲減退、元気がなくなったりといった症状が出てくることもあります。

子犬の場合にはご飯を食べなくなることもあり、これは低血糖を起こす原因です。
体調がさらに悪化をしたりなかなか治らなかったりすることもあります。
重症化するとウイルスや細菌の混合感染を起こしたり、二次感染で肺炎を起こす可能性もあります。

ケンネルコフ症候群は比較的回復が早い病気です。
しかし、肺炎になるとかなり長期の治療が必要になってくることもあるのでできるだけ早めに医師に診てもらうことが大切です。

ケンネルコフ症候群を予防する方法

ケンネルコフ症候群にならないためには混合ワクチンを定期的に摂取することがもっとも効果的な予防法です。
犬は狂犬病のワクチンは義務付けられていますが混合ワクチンについては義務付けがされていません。
しかし、一年に一度混合ワクチンの予防接種を受けておくとケンネルコフ症候群をはじめとした犬のかかりやすいとされている病気の予防になります。

また、ワクチン接種をしていると万が一発症したとしても症状が悪化することを防いでくれます。
病気になった時にも軽症で済むようにするためにも予防接種は大切です。
今はドッグランやペットホテルといった場所を利用するためには混合ワクチンの接種が必要ですし、そういった場所で感染しないためにもワクチンの接種は行うようにしましょう。