犬の体温調整機能について

犬の体温メカニズムのは人間のものとは違う

人間が寒いと感じる場面でも意外と平気な犬も多いです。
犬は被毛に覆われているため冬は寒くないようにも見えますし、夏は人間よりも暑そうに見えます。

犬の体温や寒さの感じ方、寒さの対策にはどういったことが必要かという知識は持っておくと健康管理にもつながります。
正しい体温メカニズムの知識を身につけておきましょう。

犬の体温と調節の方法

犬の体温は人間のように体温計を脇に挟んで測るわけではありません。
犬の場合には肛門に体温計を挿入して直腸の温度を測ります。

平均的な体温は38度台といわれており人間よりは高めです。
病院で測ってもらった際、体温を聞くと高く感じる人もいますが、犬の場合には高熱とされるのは40度からですし37度台の場合には低体温と判断されます。

犬は哺乳類なので恒温動物です。
そのため体温の変動する範囲はあまり広くありません。
全身の臓器の機能を維持するためにもある程度一定の体温が維持されるようになっています。

犬は体温をできるだけ同じ程度に保つために体には色々な場所に温度センサーがあり温度を感知しています。
このセンサーがあることで自分の体温の変化をすぐに感じることができ、温まったり熱を逃したりすることができるよう工夫をしているのです。

寒さへの強さは犬種によって違う

犬には小型犬から大型犬までいますし、寒いところで生活をしている犬やあったかいところで生活をしている犬など様々な犬がいます。
そのため寒さへの強さは犬種によって様々です。

犬は住んできた環境の気温に適応して生活をしています。
そのためもともとの原産国の気候によって寒いのが得意な犬とそうでない犬とがいるのです。

犬が寒いのが苦手かどうか、適温がどのくらいなのか、というのはその犬の原産国を知ることでわかりますし、飼育の方法を本やインターネットで確認をすれば把握をすることができます。
快適に過ごせるようにするのはもちろんですが体への負担を軽減するためにも適切な生活環境は把握しておきましょう。

犬が寒い時にとる行動

犬が寒いと感じると毛を立てるようになります。
毛を立てると断熱効果があり体温が下がるのを防げるためです。

また、前足や後ろ足など体の末端が冷たい場合には寒いと感じていることがあります。
震えているのも寒い時の行動です。
こういった時には室温を高めにしたりブランケットを掛けたりといったことをして少しでも温かくするようにしましょう。

普段の食事や水も寒い時期にはあまりにも冷たいものは避けることが大切です。
犬種や気温によってはドッグフードや水を常温にするだけでなく少し温かいくらいにしても良いこともあります。