寝ている犬は無理矢理起こさないように注意!

10時間の睡眠時間

犬は猫ほどではありませんが、人間と比べてしっかりと睡眠時間を確保する必要があります。
そのため人間が寝ている時間に一緒に寝ていても、睡眠時間は足りなくなってしまいます。
犬は長時間眠ってはいますが、その80パーセントは、レム睡眠という眠りの浅い状況です。

犬は元々屋外で生活しておりました。
そのためぐっすりと眠ってしまうと、いつ襲われるかわからないといった命の危険がありました。
室内犬として生まれた犬にも、本能的に眠るのが危険というのが刷り込まれておりますので、熟睡しにくいといった特徴があります。
寝ている犬を起こしてしまう時に、深い眠りだった場合には、せっかく身体と脳をしっかりと休ませる事ができているのに、起こしてしまう事で睡眠が不十分になってしまうのです。

睡眠不足はストレスの原因になる

寝ている犬を起こしてはいけない理由として大きいのは、犬が睡眠不足になってしまうと非常にストレスを感じてしまうという事です。
色々と諸説ありますが、睡眠時間が10時間未満の犬と睡眠時間が20時間以上の犬とでは、ストレスの量が全然異なります。

ストレスによって無駄吠えが増えてしまう事もありますし、飼い主の方の手を噛んでしまうような事もあります。
また、ストレスが続いてしまうと体内の免疫力が落ち込んでしまいますので、病気になってしまったり、直ぐに疲れやすくなるなどの悪影響が考えられます。
自分がヒマな時や落ち込んでいるので犬に癒して欲しくて起こしてしまうような方がいますが、結果的に愛犬にストレスを与えてしまう事になり、病気になりやすくなってしまう事もありますので注意しましょう。

犬の睡眠を妨げないようにする方法

寝ている犬を起こさないようにするためには、色々な注意点があります。
最も注意して欲しいのが音です。

犬は人間と比べて非常に耳が良い動物です。
そのため、人間には小さな音であっても、犬にとっては大音量の可能性があります。
そのため犬が寝ているような時には、テレビや音楽の音を小さくするというのが重要になります。

次に気を付けて欲しいのが、愛犬が寝ている所が可愛くて撫でてしまうという事です。
人間でしたら撫でられる事によって、びっくりして起きてしまう事がよくあります。
そのため、犬がしっかりと寝ている時には犬に触れないようにしてください。

また、犬が寝ている時には小さな声でも犬の名前や犬の愛称を呼ばないようにするというのも重要です。
それが犬に向けた言葉では無く、家族に向けた言葉であっても犬は起きてしまいます。
犬は言葉がわかりませんが、自分の名前は何度も呼ばれているので認識しやすくなっております。
寝ている時でも自分の名前が呼ばれると気になって起きてしまいますのでご注意ください。