ワクチンに関するギモンを解説

犬を迎え入れたらしなければならないワクチン

犬を迎え入れたら楽しい気持ちや幸せな気持ちでいっぱいになるものです。
それと合わせて飼い主として愛犬が元気に長生きできるよう健康管理をする責任も出てきます。

飼い始めて最初にしなければならないことの一つがワクチンです。
病気を予防するためのものでもあるのでワクチン接種の知識は必ず身につけておきましょう。

ワクチン接種はなぜ必要なのか

ワクチン接種をしていないとドッグランで遊べなかったりペットホテルに宿泊できなかったりします。
これは伝染病が原因です。

犬にもいくつかの伝染病があり、犬の命にかかわるだけでなく人間に移るものもあります。
そのため伝染病予防は犬にとっても人間にとっても必要なことです。
特にドッグランやペットホテルといった他の犬と触れ合うことのある施設は伝染病をもらったり移したりする可能性もあります。
そこで伝染病が広がらないためにもワクチン接種をしていない犬は受け入れてもらえないようになっているのです。

ワクチンの種類

犬が受けなければならないワクチンとしては狂犬病ワクチンと混合ワクチンがあります。
狂犬病ワクチンは名前の通り狂犬病を予防するためのものであり、毎年1度の接種が義務付けられているものです。

狂犬病になると犬は致死率が100パーセントといわれています。
今は狂犬病は日本では見られない病気ですが、これはワクチン接種がきちんと行われているからです。
必ず接種が必要であり毎年自治体からも案内が届きます。

混合ワクチンは任意になっており、名前の通り複数の病気を予防するワクチンが混ざっているものです。
5種混合ワクチン、7種混合ワクチン、というように名前の前に何種類のワクチンが入っているかが書かれています。

混合ワクチンについては接種は特にどの時期という指定はありませんし自治体からも案内は届きません。
また、摂取するワクチンの数についても決まりが無いので自分で選択をすることができます。

ワクチンの種類が多いほどワクチンの料金が高いように思われますが、そのようなことはないです。
犬への副作用のリスクもあるので動物病院によって選択しているワクチンが違いますし、動物病院によっては複数のワクチンの中から選択ができるところもあります。
医師の指示の元愛犬に合ったリスクの少ないワクチンを接種しましょう。

成犬になるとワクチン接種も年に一度でいいですが子犬のうちは接種の回数が多いです。
免疫が母親の抗体が移行してくることであるワクチンもあるのですが、明確にどれだけの期間抗体があるかというのは個体差があります。
そこで、日本では犬が小さいうちは複数回接種をして病気の予防をしています。