病気や怪我が起こる前に準備しよう

病気や怪我

犬の病気や怪我の前に準備したいこと

ペットとして犬を飼うと急に怪我をしたり病気になったりすることもあるものです。
しかしそういった事態になる前に、準備をしておけば慌てずに対処することができます。

まず準備しておきたいこととして、けがなどをした際に応急処置が自宅できるように、救急箱を自宅に置いておくといいでしょう。
しかしくれぐれも人間用としっかりと分けておくようにしてください。
救急箱の中には、消毒液とカット綿、ガーゼや包帯といったアイテムを揃えておくようにしてください。

ペットがけがをしたり病気になった時、応急処置では適切でない場合は動物病院に連れていくことになります。
しかし動物病院では自費になるため、費用が多くかかってしまいます。
犬のけがや病気は不意に起こるものですから、急な出費があると困ることもあります。
しかし飼い主にとってペットの健康を守ることは義務ですから、怪我や病気になったら病院に速やかに連れていく必要があります。

ペットが病気や怪我になった時に利用できる保険があります。
そういった保険を使用すれば負担も軽減されるため、出費を抑えることができます。

保険の加入には、資料請求&郵送でペット保険に加入する方法とインターネットから申し込み方法がありますが、手軽さや加入の早さを求める飼い主には、インターネットからの申込みがおすすめです。
Web申込みができる参考サイト:犬の保険について|ペット保険の「PS保険」

PS保険に入っていれば、ペットにとっても必要な治療を受けられるので安心です。
これから犬を飼おうと思っている方はペット保険の加入も検討しておくといいでしょう。

自宅周辺のクリニックを決めておく

犬が急に怪我をしたり病気になった場合、飼い主も慌ててしまうものです。しかし慌てるのではなく、速やかに動物病院に連れていかなければなりません。しかしかかりつけの病院がないとどこに行ったらいいのかわからないものです。

急に動物病院に連れていかなければならない時のために、準備としてかかりつけの動物病院を決めておくことが必要です。
自宅周辺の地域の中から決めていくとスムーズに通うことができます。