キースホンド

キースホンドの歴史

キースホンドはスピッツのような雰囲気を持っており、実際にスピッツ系の犬種と考えられています。しかし実際にはそのルーツははっきりとわかっていません。
キースホンドの歴史は18世紀にさかのぼり、オランダで船舶犬や狩猟犬として活用されていました。
一時は絶滅の危機に瀕していましたが、今では世界中でペットとして飼われています。

キースホンドが世界中で愛されているのは、その可愛くて従順そうな顔立ちでしょう。
実際にキースホンドは活発で冒険心があり、一方で飼い主に対する深い愛情を持っている点が魅力となっています。
また学習能力が高い点も魅力として挙げられ、ペットとして飼うには最適な犬種といっていいでしょう。

キースホンドを購入する前の注意点

キースホンドは忠誠心が強く、またかわいいのでペットとして飼うのには適していますが、ただ購入する前には知っておきたい情報というのがあります。
まずキースホンドがかかりやすい病気ですが、この犬種は先天的にファロー四徴症を患ってい場合があります。
またこの犬種はてんかんになりやすいという点も覚えておくことが必要です。
これらの病気になりやすいため、飼っている際に何らかの異常を察知した場合には、速やかに動物病院に連れていかなければなりません。

キースホンドを飼う場合には、健康管理を飼い主がしっかりと行う、また動物病院に速やかに連れていくという2点がとても重要になります。
そのため、飼う前の適性としては、動物病院にすぐに連れていくことができるかどうかです。
キースホンドがいつまでもハッピーに暮らしていくためには、飼い主の健康管理が欠かせないからです。

キースホンドの購入場所

日本国内では様々な犬種が飼われていますが、ただキースホンドに関してはなかなかペットショップで見かけることがありません。
そのためペットショップでキースホンドを探すのではなく、ブリーダーに直接問い合わせたほうがいいでしょう。
また直接キースホンドの見学ができる場合には、購入の意思があるかどうか、最終的な確認をすることも大切です。