北海道犬

凛々しい表情が特徴的な北海道犬の特徴

日本原産の犬は多くいますが、その中でも極寒の地である北海道の土地で順応してきたのが北海道犬です。
北海道犬は日本固有種で、北海道の原住民であるアイヌ民族によって飼育されていた歴史があります。
そのため、以前ではアイヌ犬という名称で愛されていましたが、その後1937年に天然記念物に指定されたことによって、北海道犬という正式名称になりました。
>>みんなの犬図鑑 – 北海道犬

北海道県の外見の特徴としては、北海道という極寒の地域で生活が送れるように二重になった毛が全身を覆っており、どっしりとした体つきをしています。
外見だけ見ると柴犬に似ていますが、両者を比べてみると、北海道犬の方が足が太くしっかりとしています。

北海道犬の性格についてですが、とても勇敢で飼い主への忠誠心が強いという特徴があります。
ただその一方で、飼い主以外の人には関心を見せないため、あまり愛想がいいとは言えません。
しかし、その忠誠心を求める方にとっては、北海道犬は愛すべき存在になるものです。

北海道犬を飼う場合の注意点

北海道犬の忠誠心やきりっとした表情に対して関心が高く、北海道犬を飼いたいと思っている方は、北海道犬を飼う際の注意点について知っておくことが必要です。
健康でいつまでもストレスなく北海道犬が生活を送ることができるように、飼い主としては知っておくべきことです。

北海道犬は一般のペットショップであまり扱われておらず、そのため直接ブリーダーから購入をすることになります。
北海道犬は北海道で生活を送っていたこともあり、丈夫で病気になりにくいものです。
しかし飼う際には栄養バランスが崩れないように細かい配慮を施してあげることが必要です。
通常はバランスのとれたペットフードを与え、時にはおやつなどを与え、食生活が単調になりすぎないように工夫をすることが必要です。

また北海道犬は活発なため、十分な運動をさせてあげる必要があります。
毎日必ず散歩をさせ、時には運動ができる場所に連れていくことも必要です。