ユーラシア

チャウチャウに似たユーラシアの特徴

ユーラシアというユニークな名称の犬種ですが、もともとドイツで生まれた比較的新しいタイプになります。
見た目がチャウチャウに近い容姿をしており、中型犬に分類されます。

見た目は太く、丈夫な骨と発達した筋肉が特徴的で、野性味を感じさせます。
毛は長くふわふわした見た目をしていますが、全体的にがっしりとした感じなので、たくましさを強く感じさせます。
尻尾は丸くなっており、ふわふわした長い毛を持っているため寒い地域に適しているといえるでしょう。

野性味あふれるユーラシアは初対面の人に対して心を許して甘えるといった行動は行ないません。
飼い主やその家族など、一部の人間との関係を大切にする傾向にあり、そのためユーラシアを飼う方にとってはとてもそこが魅力に感じられることでしょう。

ユーラシアを飼う場合に注意したいこと

ユーラシアは筋肉質でどっしりした体型をしており、そのため飼う場合には十分な運動をしなければなりません。
そのため飼い主としての適性はまず運動を頻繁にさせることができる環境にあるかどうかです。
実際にユーラシアを飼う場合には、1日に2回程度の散歩がまず必要ですが、その時間も十分でなければなりません。
また散歩だけでは運動としては不十分であり、時には思いっきり走ることができるような場所に連れていったり、ボールゲームをして運動が単調にならないように配慮をすることも必要になります。

ユーラシアは冬の寒さには強いのですが、反面夏の熱さには弱い傾向にあります。そのため飼育する環境の温度管理に関しては十分に配慮してあげなければなりません。
特に夏場は快適に暮らせるように十分な配慮が必要ですし、熱中症などにならないよう飼い主がしっかりとケアしてあげることが大切です。

ブラッシングは定期的に行う必要がありますが、特に夏場はブラッシングの回数を増やし、毛の通気性を良くすることが大切です。
しっかりと熱を放出できるようにしてあげることも大切です。