カナーンドッグ

カナーンドッグ

カナーンドッグの特徴

カナーンドッグはイスラエル原産の犬ですが、体重15~25㎏で大型犬に分類されます。
スピッツのグループに分類されますが、平均寿命は13歳程度となっており、大型犬としては長寿だと言えるでしょう。

カナーンドッグの性格についてですが、長く砂漠で生き抜いてきたため防衛本能が強く、飼い主以外の他人に対しては警戒心を見せる傾向にあります。
また他人が自宅に訪れると吠えることが多く、そのため番犬として適しています。
しかし単に攻撃的なわけではなく、子供に対してはむやみに吠えることはなく、子供のいる家庭で飼う場合には問題ありません。

カナーンドッグは非常に賢く、物覚えがいいという性質を持っています。半面、飽きっぽくて移り気な面も見られます。
体は引き締まってスリムな姿をしており、毛は白地にマスク、また単に白いカラーというのが一般的です。
犬種特有の遺伝的疾患はほとんどないため、飼育をする上で神経質になる必要がありません。

カナーンドッグを飼うときのポイント

白く美しい毛と凛とした表情に魅了され、一度は飼ってみたいと思う方もきっと多いカナーンドッグですが、実際に飼う場合にはいくつかのポイントを理解しておくといいでしょう。
カナーンドッグはレアな犬種であり、日本国内ではあまり見られません。

カナーンドッグを飼う際には室内で飼育するほうが適しています。
歴史的に砂漠といった熱い地域で暮らしていたため、寒さについてはあまり強くありません。
そのため、冬の時期には室内の温度設定には慎重になり、常に暖かい状態を保つようにしてあげる配慮が必要です。

カナーンドッグは十分な運動を毎日行わせる必要があり、そのため飼う前には運動をさせることができるかどうかを十分に検討しなければなりません。
具体的には1日に2回の散歩を行い、その際には十分な時間を費やしてあげることが必要です。
また散歩だけでは運動は不十分なため、時にはボール遊びやドッグラン、また遠出をして運動ができる場所に定期的に連れていくといったことも取り入れなければなりません。