ボルゾイ

特徴・性格

ボルゾイは今人気上昇中の大型犬種です。
ボルゾイは別名ロシアン・ウルフハウンドとも言われており、寒いロシアの地で長年狩猟犬として貴族階級に愛玩されてきた犬種です。

ロシアでは13世紀頃から狩猟はひとつのスポーツとして広く行われており、ウサギ狩りやオオカミ狩りが以後数百年を通して行われてきました。

ボルゾイはそんな中でより狩猟に適した犬を作るべく、ベアハウンドとロシアンシープドッグが掛けあわせて大型犬となるように品種が作られてきました。

ボルゾイはそんなロシアの狩猟犬種の中でも特に優秀であると認められており、その見た目の高貴さも手伝って長らく貴族たちから好かれてきたという歴史があります。

狩猟におけるボルゾイの役割は、狩りの途中で見つけた獲物に対して最初に襲いかかっていくというものでした。

凶暴なオオカミに対してひるまず立ち向かっていく強さをボルゾイは持っているのです。

平均寿命

10~12才くらい

飼い方

大型犬らしく、毎日の運動は欠かせません。
日常的に多めの運動量ができるように世話をしていく必要があります。

できれば走り回らせるようなことが理想的なのですが、難しい場合には長めの散歩でもかまいません。

毎日でなくても全力疾走ができるような運動をさせてあげることがボルゾイにとっての喜びになります。

また、ボルゾイの見た目の特徴となっている長い毛並みについては週に2~3回程度のブラッシングをすることで美しく保つことができます。

性質上夏前の時期には抜け毛が多くなるので、それらのケアをしていくことも大切です。

飼いやすさ

ボルゾイはもともと狩猟犬であったこともあり、基本的には辛抱強くおとなしい性格をしています。

そのため基本的なしつけを行っておけば、まさに模範的とも言える犬となってくれます。

勇敢で冷静な面があるためうるさく吠えるようなこともなく、飼い主の言うことをよく聞く忠実なパートナーとして長く一緒にいることができるでしょう。

幼い子供がいる家庭でも、性格面で問題がおきることはほとんどありません。

ただひとつネックとなるのが、毎日の運動できちんと決まった時間に運動をさせてあげられる環境が整っていないと、ボルゾイに大きなストレスを与えてしまうことにもなります。

大型犬ですが、室内犬としても飼うことに向いており、家族の一員として生活を共にしていくことができます。
初めて大型犬を飼うという人にもおすすめです。