土佐犬

土佐犬

特徴・性格

土佐犬は別名「土佐闘犬」とも呼ばれる、日本に昔からいる大型犬種です。
大きさは犬の種類の中でもトップレベルにまで大きくなることが大きな特徴となっており、
大きなものになると体重は80~90kgにもなります。

土佐犬が日本の歴史に登場したのは江戸時代からと呼ばれており、
当時土佐の国で流行していた闘犬に使われるようになったことでその名前を有名にしました。
正確なルーツとしてはもともと四国にいた大型犬種である「四国犬」に、
より強い品種にしようと海外から輸入されてきたマスティフやブルドッグ、
ブルテリアといった大型犬を交配させることで今のような品種として定着していきました。

中でもイギリス犬であるマスティフの血筋を最も濃く継いでおり、
独特の垂れ下がった耳や頬の肉付きが共通しています。
かつては大型犬の中でもかなり人気のある品種だったのですが、
最近は小型犬ブームの影響もあってこれから
飼育をしようとする人は少なくなってきているようです。

平均寿命

10~12才くらい

飼い方

闘犬として長らく活躍してきた犬だけあって、体格的にかなりがっちりしています。
実際に犬同士の格闘となったときには世界でもトップレベルの実力を誇るというほど、
その力の強さは折り紙つきです。
(ただし、実際に闘犬として用いられたのは雄のみで
しかも30匹に1匹くらいの割合だったようですが)。
筋肉質な体格なので毎日かなりの量の食餌や運動が必要になってしまいます。

しかし普段の性格はおとなしく、
あまりやたらと吠えたり暴れたりということはないようです。
しつけをしっかりすればかなり我慢強い性格にすることができますが、
甘やかしやりしてしまうととりかえしがつかなくなってしまいます。

幼少期に相当しっかりしたしつけができる環境を整えておくようにしましょう。
毛並みは短く手入れがしやすいので、
汚れが目立つようになってきたら丁寧に体を拭いてあげればよいくらいです。

飼いやすさ

飼い犬として飼うには、相当の知識や環境整備が必要な犬です。
強い筋肉を持つため、運動や食餌に関しては
専門家の指導なしには扱うのは難しいかもしれません。
見た目にあこがれて安易に飼い始めることは絶対にやめた方がよさそうです。