オールドイングリッシュシープドッグ

オールドイングリッシュシープドッグ

特徴・性格

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、長い毛並みが特徴のイギリス産の大型犬です。
成犬になったときの大きさはだいたい50~60cmくらいなので
中型犬が少しだけ大きくなったような感じでしょうか。

もともとは牧羊犬として活躍していた品種であるため、
しつけをきちんとするとかなりおりこうで我慢強い犬になってくれます。
ただし実際に飼ってみた人の意見をみると、

わがままで扱いにくいという感想をもつ人もいるので、
飼うときにはきちんとその個体の性格を見極めてからの方がよいかもしれません。
もさもさの長い毛で目の周りを囲む、まるでモップ(!)のような見た目が特徴です。

平均寿命

10~12才くらい

飼い方

見た目はおっとりとした性格に見えますが、
実際はかなりエネルギッシュで毎日かなりの量の運動を必要にとします。
人にはよくなつくので、一緒に遊ぶ習慣をつけると楽しく飼い続けることができます。
身体的な特徴である長い毛並みは運動をするとよく絡んでしまうので、
2日に1回くらいはきちんとブラッシングをしてあげましょう。

また、ノミもつきやすいので早めのノミ取りケアをしてあげることも大切です。
室内に入れるときにはやはりその長い毛がかなりたくさん落ちるので、
子供さんがいる家庭などではこまめに掃除をしましょう。
普段は目の周りが毛におおわれてしまっているので、
他の短毛の犬に比べて感情が読みにくいところがあるかもしれません。

飼いやすさ

人懐こい性格と飼い主に対しての忠誠度の高さから、
性格的には比較的飼いやすい品種と言えます。

また、もともと牧羊犬というルーツを持つので他の動物に対してむやみやたらと
攻撃的になることが少ないので、他のペットがたくさん集まるときの扱いやすさはあります。
ですがやっぱりネックになるのはその毛の長さで、
ブラッシングや部屋の掃除の手間はかなりかかるものと思っておいた方がよいでしょう。