ニューファンドランド

水難救助犬としても活躍する有能な犬種ニューファンドランド

ニューファンドランドは、この名称と同じ、カナダの北東部にあるニューファンドランド島で生まれた犬です。
昔は主に狩猟犬として猟師に付き添って狩りの手伝いをしてきましたが、今では色々な仕事を持っています。
犬ぞりを引くことも一部の地域でなされていますし、水難救助犬として活躍する犬もいます。

水難救助犬という役割はニューファンドランドにはぴったりで、大きな脚の先は水かき状となっていて、泳ぎがしやすい構造です。
また、長くて密な毛は水による寒さに耐えるのに理想的なもので、寒い北方の海でも泳いで人を助けることができます。
筋肉質の体を持っていて、肺も大きいのでスタミナも十分ですし、パワーも非常に強いという特徴を持っています。

しっかりとブラッシングをこまめにしてきれいな状態を保ってあげる

ニューファンドランドはブラウン、ブラック、ホワイトの色の毛を持っています。
太く固い毛ですので、しっかりと手入れをしてあげないとすぐにからまってしまいますし、不潔な状態になりやすいので、きちんと毎日ブラッシングをしてあげることが大事です。
また、定期的にトリミングをしてあげて、毛を軽くしてあげることで、よりきれいな状態を保てます。

ニューファンドランドは55キロから60キロくらいの体重を持ち、体高は70センチくらいです。
大型犬に分類されますが、がっしりとした筋肉質の体を持っていますので、かなり重く大きなイメージがあるでしょう。
力も強いので、ニューファンドランドを飼う際にはそれをコントロールできるだけの力を飼い主として持っているかどうかを考える必要があります。

小さな時からきちんとしつけをしてあげるととても良い子に育つ

ニューファンドランドは従順で温厚な性格の持ち主で、あまり人見知りをすることなく誰にでもなついてくれますので、家庭向きの犬と言うことができるでしょう。
ただし、これはしっかりとしつけをしてあげた場合ということになります。
ニューファンドランドは知能が高く賢い犬ですので、小さいころからきちんとしつけをしてあげれば、本当に従順で良くできた子に育ってくれます。

躾けしがいがある犬ですので、幼いころから細かいこともきっちり教えると良いでしょう。
特に力が強く好奇心がある犬ですので、散歩の仕方を幼い時から教えてあげないと後で苦労することになります。
飼い主のステップに合わせて歩くウォーキングを丁寧に教えてあげて、楽しくみんなで散歩ができるようにすることが大事です。

また、びっくりするようなことがあると、大きくはねたり引っ張ったりしてしまうことがあります。
事故を防ぐためにも、色々な人に慣れさせたり、外に出すようにして刺激に慣れさせたりするようにしましょう。