レオンベルガー

超大型犬でいかつい顔をしているが穏やかでかわいい犬

レオンベルガーは、ライオンという言葉が名称に含まれているように、とても勇猛に見える容姿です。
毛は全体的に濃い茶色ですが、顔にはブラックが入っていて、顔の強面感を強めています。
ライオンのように首周りにフサフサとした長毛があって、口周りが発達していますので、かなり怖い印象を与えます。

体重は60キロ近くにもなることがある超大型犬の部類に入り、筋肉がかなり発達しています。
筋肉の盛り上がり方はフサフサの毛の上からも分かるほどで、見た目からも力が強いということがすぐに理解できるでしょう。

このように、全体的にはレオンベルガーは見た目はとてもいかつく、怖いイメージですが、実はとても穏やかで甘えん坊のかわいい犬なのです。
飼い主によくなついて、いつも一緒にいたいという気持ちがすぐに出てきて、甘えるのを好みます。
見た目の強さと飼い主への愛情が強いということから、世界中ではとても人気がある犬種で、家族全体で深く愛されることも多いのが特徴です。

きちんとしつけて大事に育てることが大事

レオンベルガーはもともととても優しく穏やかな犬ですが、勝気な一面も持っています。
そのため、散歩などで他の大きめのオス犬を見かけると強く吠えることもあります。
また、ただでさえ筋肉質でとても力が強いので、引っ張られると男でもコントロールするのが難しいことがあります。

見た目上、普通の人はとても怖がってしまうことがありますので、できるだけみんなから愛されるような犬となるためにも、しっかりと躾けておとなしくいられるようにしなければなりません。
特に大きくなるオスの場合は、コントロールがとても大事ですので、小さいうちからしつけには気を付けて、大事に育ててあげるようにしましょう。

レオンベルガーは飼い主の愛情にしっかりと応えてくれますし、従順に言うことを聞いてくれる犬ですので、きちんとしつけをすれば、それだけの価値がある犬です。

泳ぐのが上手な個体も多いレオンベルガー

レオンベルガーは、身体的な特徴として脚に水かきを持っています。
これはニューファンドランドという、水難救助犬としても活躍する犬種からレオンベルガーが来ているからです。
こうしたルーツを持つため、水泳がとても上手で、教えることもなくすぐに泳ぎ始められることが多いでしょう。

レオンベルガーは筋肉が発達していますので、普段から運動を必要とする犬種ですが、たまには海などに連れていって水遊びをしてあげるのも良いでしょう。
生活の色々なシーンで一緒に遊んで楽しんでくれる犬ですので、家族に寄り添って楽しい時間を過ごせるのがうれしいところです。