紀州犬

日本原産の猟犬紀州犬

紀州犬は和歌山県周辺で生まれ、日本原産の犬種として記念物にも指定されている犬です。
中型犬に分類される体の大きさですが、全体的にかなりの筋肉質でがっしりとした体を持っていますし、脚も太いため、かなり大きな犬のイメージがあります。
毛は固くて体全体を覆っていて、オリジナルはいくつかの色がありますが、白色がイノシシ猟に便利だということやペットとして人気がある色であるということもあって、ほとんどの個体が白い毛を持っています。

もともと猟犬として用いられてきたということもあり、とても従順で勇敢、力が強いという特徴を持っています。
日本の犬らしく愛らしい顔つきに尖った三角形の耳を持ち、またふさふさの上に巻かれた尻尾も紀州犬の特徴です。

きちんとしつければ穏やかで静かな犬に育つ

紀州犬は猟犬としての歴史がありますし、以前にはきちんとしつけられていない個体が人を咬んでケガを負わせるという事件が起こったために、どう猛で怖い犬というイメージが付いてしまいました。
しかし、紀州犬はきちんとしつけをすれば、本来とても素直で穏やかな犬種ですので、人の言うことを聞く静かなペットとして飼うことができます。
そのためにも、紀州犬を飼いたいと思っているのであれば、小さいころから愛情をかけてきちんとしつけられるかということを考える必要があるでしょう。

忍耐力があり環境適応性にも優れていますので、日本国内であれば大抵の地域で問題なく飼育可能です。
筋肉量が多く運動好きということもあって、毎日きちんと運動をさせてあげる必要があります。
普段時間を過ごすところに十分なスペースがあるのがベストですが、それが難しければ毎日少なくても二回は1時間程度の散歩に連れて行った方が良いでしょう。

また、力が強く、よそ者への警戒感が強いという性格があり、急に小動物を追いかけたり吠えたりすることもありますので、飼い主がコントロールしてあげなくてはなりません。
こうした性格のために番犬として非常に優秀な資質を持っていて、ペットとしても、きちんとした働きをする犬としても魅力的な犬種と言えます。

種の保存には気を付ける

紀州犬は日本原産の犬種として記念物にも指定されていて、それほど頭数も多くありません。
そのため、飼い主としても種の保存をしっかりと考えてあげる必要があります。
繁殖の際には細心の注意を払う必要がありますし、純粋な紀州犬としての血を守れるように保存会との連絡を保って大事に育ててあげることが重要です。

多少色々な面での配慮が必要ですが、飼い主にはとてもよくなつきますしかわいらしいので、愛情を持って過ごすことができる犬種でもあります。
きちんとケアをして大事に育ててあげましょう。