ドーベルマン

ドーベルマンは非常に高い頭脳と臭覚を持っているとして知られており、麻薬の取り調べな際の役割を担っていたり、その他にも警察犬としてさらには、救助犬などとしても活躍しています。
ボディラインには無駄がなく非常に筋肉や枯渇捕獲が発達していて動きも機敏です。
その反面で肥満になってしまうと動きなども極端に遅くなってしまいますので、ドーベルマンをペットとして飼う際には、食事についての管理や運動についての管理も徹底してありさなくてはなりません。

好奇心が強く、運動がとても大好きなので広々としたスペースで思い切り遊ばせてあげることも大切です。
毎日の散歩だけでは物足りずストレスがたまってしまうことがあるので、広いお庭で自由に走り回ることができたりするような環境も必要だといえるでしょう。
飼い主やご家族に対しては忠誠心をしっかりと表現し、コミュニケーション能力も高い犬種ですが、知らない人や動物などには警戒心も最大限にアピールします。

警戒心が強いことから、番犬としての役割や防衛能力が強いことから行政機関などでの活躍が知られています。
ドーベルマンの体高は60cmから75cm前後となっており、体重は30キロから45キロ前後と言うのが理想です。

ドーベルマンの歴史は19世紀から始まる

ドーベルマンという犬種そのものは最初からいたわけではなく、ワイマラナーやグレーアウトなど様々な犬種を掛け合わせながら誕生しました。
警備犬として非常に重宝され、19世紀の終わり頃から多くの人気を集め始めました。
また1899年にはドーベルマンのクラブが設立され、さらにその後は人気が高まりました。

アメリカでどんどん普及するとともに、世界中にも広がり現在では日本国内にも飼い主がたくさんいます。
警察犬以外にも警備犬や軍用犬として頼れる犬種となっています。
また1977年にはアメリカの中での人気が第2位になっていることも知られています。

とてもしつけがしやすく使いやすい犬種

基本的にはとても高い忠誠心を持っていますので、飼い主の言うことを確実に聞いてくれることがほとんどです。
また前述の通り、頭脳も非常に高い犬種となっていますから、躾そのものもしやすくさまざまな訓練などを取り入れてあげると喜びます。
ただし、攻撃性も強く、しっかりとしつけをしておかないと他の犬や人に対して攻撃性を見せることがあるので注意しなければなりません。

自分に対しての強い刺激を与えられたり挑発されることで攻撃性を見せることがしばしばあります。
また、上記でも触れたようにしっかりとバランスのとれた体を維持するためには運動、そして栄養をしっかりと管理していかなくてはなりません。
ゆっくりとしたペースでのお散歩ではなくジョギングや自転車に乗っての散歩などが望ましいといえます。

運動が出来ずストレスがたまってしまうと破壊行動などに出てしまうケースがあるので注意しましょう。
被毛については、細かなケアなどは必要なく適度なブラッシングと臭いが気になった時のシャンプーなどで十分でしょう。

極端に暑い朝の際に弱い犬種ではありませんから、過ごしやすい環境の中であれば特に問題を気にする必要はありません。
屋内であっても屋外であっても、臭覚を活かして優れた能力を発揮してくれます。

健康面での注意点

ドーベルマンは脱毛症になりやすいという傾向にありますので、皮膚の状態などもこまめにチェックする必要があります。
平均的な寿命は13歳前後と言われており、適度に腎臓機能の検査や股関節の検査をしてあげると良いです。
また肥大性心筋症や皮膚疾患その他にも股関節形成不全といった病気の懸念がありますので、運動した直後や高齢なった際の健康管理などをしっかり行ってあげましょう。