アラスカンマラミュート

アラスカ生まれの寒さに非常に強い犬アラスカンマラミュート

アラスカンマラミュートは、その名称からも分かるように、アラスカ生まれの犬種で雪と氷の中で生活していました。
そのため、非常に寒さには強く、極寒の状態でも外で普通に行動することができます。
その分だけ暑さには弱く、日本の本州では夏の時期夏バテのようになってしまって、かなり体力を消耗してしまうことがあるでしょう。

全体的な見た目はハスキーとかなり似ていて、太くて硬い毛を全身にまとい、とんがった三角形の耳、太くて上に巻いたしっぽ、太い脚などが特徴です。
ハスキーとの違いとしては、その体の大きさにあり、ハスキーよりアラスカンマラミュートの方が体重にして10キロ程度、体高では5センチから10センチほど大きい体を持っています。
大型のハスキーという感じで、かなり筋肉質の体です。

人になつきやすく温厚な性格なので飼いやすい犬種

アラスカンマラミュートは見た目はちょっと怖い印象を与えますが、実はとても温厚で人懐っこい性格です。
また知らない人でもすぐになついてくれますので、家庭でも簡単に飼える犬だと言えるでしょう。
子供にも優しく接してくれますので、小さい子供がいる家でも安心して飼えるのがメリットと言えます。

とても忍耐強く体が強い犬ですので、外で飼うことを前提にしても問題なく元気に過ごしてくれます。
ただし、前述の通り暑さにはとても弱い犬ですので、夏の時期はきちんと日よけを作ってあげることや、できれば暑い日は風通しの良いガレージや室内に入れてあげるように気を付けましょう。
また、この時期に合わせてちょっと短めに毛を刈ってあげるという方法を採るのもおススメです。

十分に運動をさせてストレスをためないようにする

アラスカンマラミュートを飼う上での注意点としては、しっかりと毎日運動をさせてあげることです。
アラスカンマラミュートは犬ぞりをさせるための犬として今でも用いられているほど、力が強く運動を好みます。
もし運動をさせないとあっという間にストレスが溜まってしまいますので、できるだけ長めの運動をさせて、可能ならフルスピードで走らせてあげるのも大事です。

また、アラスカンマラミュートのような大型犬によくあることとして、食事の後に激しい運動をすぐにすると腸ねん転になりやすいという危険があります。
食事をさせた後は落ち着いて過ごすようにして、急に走ったりしないように気を付けてあげましょう。
とても愛情のある犬で、人といるのが好きですので、たっぷりと時間を取ってあげて、いつでも飼い主と家族と一緒にいるという思いを持たせてあげることが、元気にいつまでも過ごしてもらうためのポイントとなります。